日本を出てみないと分からないこと

従来の看護師のキャリアアップの方法は職歴を重ね、職場で昇進する事が一般的でした。しかし、現在はこの目標を叶えるにも様々な方法があります。
最も広く活用されているキャリアアップの方法としては、専門的な資格を取得するという方法です。これは看護師の上級資格を取得するだけではなく、ケアマネージャーや保育士、ケアカウンセラーといった資格を取得する事で医療機関以外の勤務先で働く事も出来るようになります。そのため、看護師の資格を活かして、将来的に興味のある他分野で働きたいと考えている看護師に適した方法といえます。

看護師の上級資格を取得するには、実務経験を積んだ後で教育機関に入学する必要があります。これは専門分野により数年単位の実務研修を受けなければならないプログラムであるためです。そのため、資格取得までに長い年数が必要とされます。
近年では、休職制度を利用して海外で看護師の実務経験を積むケースも多くなってきています。これは予め雇用先に相談し、復職を前提に海外で働く事ができる方法です。やはり、看護師としての経験値を上げるためには、海外の医療機関で実際に働き、現地で研修などを受けて医療の提供の仕方の違いを学ぶ事が役立ちます。その為、医師や看護師をはじめ各医療分野のエキスパートがキャリアアップの一つの方法として海外で働くケースが増えています。
教育機関では学ぶ事が難しく、国内とは異なるアプローチで看護スキルを身に付けるチャンスともなるため、キャリアと技術力を向上させる体験となるのです。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です