具体的な目標を立てることが大切

キャリアアップをしたいという希望は多くの看護師が抱くものであり、看護師が目指す方向性としてよく注目されるようになりました。よりよい待遇を求めて自分の能力を高めていくのが基本的な考え方であるものの、その具体的な方法が一様に決まっているわけではありません。
漠然と世の中の流れに沿って大病院で最先端の医療に関わるのを目指してみたり、部局で推奨されている資格を取得してみたりする人も多いのが実情です。しかし、あまりに漠然としていて具体的な目標を持っていない人も多く、むやみやたらにキャリアをつけようとしていることも珍しくありません。そうすると次第にやるべきことを見失ってしまい、働くこと自体に興味が持てなくなってしまう場合もよくあります。
そういった場合、夢を叶える意識を持つことが大切であり、具体的な目標を立ててキャリアアップを行っていく視点を持ちましょう。何をしたいという夢があって、それを叶えるためには何が必要なのかを再考してみることが大切です。
身の回りにいる患者との会話を楽しみながら医療に携わっていくのが夢だったら大病院を選ぶ必要は必ずしもありません。中病院程度でスキルを身につけて、クリニックに勤務した方が地域の人たちとのつながりも強くなって夢に近づけるでしょう。一方、がん治療にこだわりがあるのであればがんの専門病院を目指したり、資格の獲得をしたりするのが直接的なキャリアアップです。そういった具体的な目標を持って考えるとやるべきことがはっきりとし、前に進みやすくなるでしょう。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です